Archisan | SWANLAKE
16300
single,single-portfolio,postid-16300,ajax_fade,page_not_loaded,,portfolio-category-architecture

 

Shop interior project for an independent Tokyo fashion brand. The entrance door is made of plywood boards layered with shades ranging from white to dark blue. The shop floor is painted with a white base coast and dark blue on top. As the floor wears down over time, the blue fades and the white emerges, creating an impression of watery depth. 

 

東京都心に計画された、洋服ブランドのショップの内装である。エントランスのドアには3mm合板を連続的に重ね合わせ、徐々に色も白色から紺色に変化させた。また、店内の床は、白色の下地に紺色を塗り重ねた。床は時間が経過するにつれ、人の通過する部分のみ磨耗で紺から白に色を変える。そうして、それらのイメージは、まるで湖の水深の奥深さを連想させ、ブランドのコンセプトであるスワンレイクに繋がる。

这个是东京市中心的一个洋服品牌店的内装潢项目。在入口的门、3mm的复合板连续重叠起来、慢慢地颜色也从白色变为深蓝色。并且、店内的地面也是在白底粉刷的基础上粉刷上深蓝色的。地面随着时间的经过、人通行走过的部分会被磨耗变成白色。最后的效果会让人联想到湖的水深、这也正是和这个品牌的设计理念天鹅湖所联系的。

Collaboration with ISSHO   Photo: Kouichi Torimura